社長からのメッセージ

ヒノックスには本物のスキルを身につけるための宝石のように価値がある環境があります。

エンジニアにとって本物のスキルとは?

理論や知識を身につけただけでは本物のスキルとは言えませんし、もの作り」の本当の面白さや魅力を経験したことにはなりません。

製品の企画→開発設計→製造→試験→出荷に至るまでもの作りの全てのプロセスに関わることで、実力をつけていくのが“本物のエンジニアである”とヒノックスは考えています。

ものを作る全工程を知り、現場を見て来たエンジニアはしっかりとした土台を持つプロの技術者として、どんな職場でも通用するキャリアを確実に積み上げていくことができます。

最近は製品開発の分業化が進んで技術分野が狭くなり、測定器を扱う機会がなかったり、発注業務などの書類仕事が中心のエンジニアが増えているのも事実です。 ヒノックスの製品は情報通信機器、電源機器を中心に「自社一貫生産」しています。設計、製造、試験、出荷に至るまで現場同士がすぐ近くにあり、全プロセスが手に取るように把握できます。 それはエンジニアにとって「宝石のように価値がある環境」です。自分が開発した大切な製品の問題点を把握して、すぐにフィードバックできるという大きな利点があるからです。 わたくしたちヒノックスは、主に情報通信とパワーエレクトロニクスの分野におけるメーカーとして、業界において信頼されている存在です。 他社とは違う独自の技術を提供するための努力を常に行い、お客様が必要とする当社ならではの製品を開発しています。

ヒノックスで「もの作り」の本当の面白さや魅力を体験し、社会に必要とされる一人の開発技術者として、真の実力を身につけてみませんか?

せっかくエンジニアを志すのですから!

代表取締役 澤井 功

ヒノックスが求める人物像

強い向上心、あきらめない心、他人や周りのせいにしない謙虚な心、周囲へ配慮のある心、指示待ち人間にならない前向きなやる気、なかなか進歩しないことへの忍耐力、 すぐに結果が出なくてもやり続けることができる精神力、「分かりません」と言える勇気、自分の頭で良く考えて質問できる力、 一つのことから可能な限り多くを学ぼうとする姿勢、失敗から多くを学ぶ姿勢、可能な限り楽しい人生を過ごしたいと思う姿勢、 会社のためではなく自分のために働くという姿勢、しかし簡単には会社を辞めない姿勢。

以上のような内容を完全に持っている人は少ないと思いますが、上記のような人物像に共感でき、目標としていくことができる人を求めます。

特に、「自分のために働く」ということは、その結果として会社のためになり、さらに自分のために帰って来るというポジティブな循環を意味します。

自分(その家族なども含めて)を一番大切にして下さい!

会社はその結果として良くなればいいのです。

株式会社ヒノックス 2017年3月新卒採用情報

ページトップへ